archive: 2018年07月  1/1

未来に向けての不登校 D君の不登校

No image

前回の回の不登校のD君話の続きを書きますね。不登校に対して、何もすることができなかった、自分の不甲斐なさ、不登校の難しさを痛感した1年でした。それから2年ほどして、偶然、電車のホームでD君と再開しました。時間も経っているので、当時のことを聞いてみました。「どうして、学校に来なかったの?」D君曰く、特に理由はなかった。親にはいじめと言ったけれど、ちょっかい出されたことはあったけど、いじめなんかにはあっ...

  •  0
  •  closed

D君の不登校の意味

No image

私が新米教師であり、不登校がどんなものかを全く理解していなかったせいで、D君の不登校は、おさまることなく1年が過ぎてしまいました。今思えば、私の失敗はたくさんあります。もっとこまめに連絡をし、電話で子どもの様子を聞くべきだったと思っています。または、家庭に訪問して本人に話を聞くべきだったのではないか、そういうことが頭に浮かんできます。そして、その時の現状を確認するべきではなかったか、昼夜逆転の生活...

  •  0
  •  closed

不登校のD君

No image

これから数回にわたって「不登校」に関して書いていきますね。私が専門学校で講師をしていたときの頃のことです。私は講師として、1年目の新米教師だったころの話です。私は中途採用で歳のせいもあってか、すぐに担任をすることになりました。まずは、この初めての1年間を楽しく過ごしていきたいと思いました。そんななか、D君は1年生の1学期から、学校に来なくなるようになりました。始めは、ただの欠席かと思ったのですが、何...

  •  0
  •  closed