FC2ブログ

archive: 2018年08月  1/1

不登校の原因特定は一つに特定できない。

No image

子どもが学校に行けなくなった時に、原因を探っていくと特定の出来事に思い当たることがあります。受験、成績不振、進学、引っ越し、受験、部活、病気・けが、ケンカ、事件・事故、体調不良、兄弟が退学などなどたくさんあります。しかし、子どもは「○○だから」とはなかなか言いません。言わないのは言えないからです。親に心配をかけたくない、言っている自分が恥ずかしいなど。では、原因としてどんなものがあるのでしょうか。い...

  •  0
  •  closed

不登校とひきこもり

不登校とひきこもりでは、外出できないという行動面では同じですが、心理面には違いがあります。不登校は学校に行きたくないという意思を持ち、家に閉じこもっている状態です。いっぽうひきこもりの方は、それほど強い意志がなく、なんとなく社会に出たくないということがあります。不登校は、いじめや学校や束縛されることへの反発心が強く、登校したくないという意思があります。具体的に何が嫌か、言える子どももいます。ひきこ...

  •  0
  •  closed

不登校の気持ち

No image

今日は、日々思うことを書きたいていきます。「不登校」私の時代(50代です)には「登校拒否」と言っていましたが、いつの間にか「不登校」というようになりました。何が違うのでしょうか?「登校拒否」はとても主張があるような感じがします。「不登校」は行きたいのだけど、行けないそういうニュアンスがるように感じます。いろいろな本を読んでいますが、ほぼ全部、「行きたいけどいけない」(怠惰・不良行為なものは除いて)...

  •  0
  •  closed

発達障がい 個別支援計画

No image

発達障がいのお子さんを教えている時に、「個別支援計画」というものを作成します。5年生のお子さんの例を見ていきますね。◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇具体的な目標及び支援計画等・具体的な到達目標  5年生の範囲感じを9割近く読むことができる。・目標を達成すべき解決すべき課題  4年生途中までは漢字に自信があったもの、  今はわからない字も多く、自身は少なめである。   ・仮説(課題が起こる要因)  学校への登...

  •  0
  •  closed

グレーゾーンの子ども達

発達障がいのお子さんの数は15人に1人と言われています。グレーゾーンを含めると割合はが増えるでしょう。家庭教師をやっていると、親御さんから「うちの子はグレーゾーンと言われています」と言われますが、勉強を教えていて、「グレーゾーン?」というようにそれを感じたことは、まずありません。みんな勉強の基礎はできていますし、問題もすらすら解いていきます。確かに、「グレーゾーン」ではない子どもと比べると、時間がか...

  •  0
  •  closed

学習障害:グレーゾーン

No image

「この子は勉強を頑張っているのに、点数がいつもかなりひどい。もしかすると発達障がい?」というように発達が気にかかる親御さんがいます。しかし、病院などでWISCなどの検査を受けて、結果、「発達障がいではないですね。しかし、〇〇の部分が弱いですね。」ということがあります。世間で「グレーゾンーン」と言われている子どもです。まず、発達障がいついて。発達障害とは知的な遅れはないけれど、脳の発達に偏りがあるのが特...

  •  0
  •  closed

不登校「おなかが痛い」2

No image

前回書いた「おなかが痛い」の続きです。家庭教師をしていた子どもの話です。一人はADHDで自閉自閉傾向がある小学5年生のお子さん。もう一人も同じで、中学2年生のお子さんです。小学生のお子さんは学習時間中に、平均して2回は「ちょっとトイレに行ってきます」という状態でした。もう一人の中学生のお子さんは、学習時間前にトイレに入っていて、学習時間中はトイレに行くことはありませんでした。他人が家の中に入ってkること...

  •  0
  •  closed

不登校「おなかが痛い」

No image

子どもの中には、登校しようとするとお腹が痛くなる、頭が痛くなると言う子もいます。しかし、親は病気でもないのに体が悪くなるなるということが信じられないので、「それは気のせいだ」「とか「勉強したくないからではないか」「宿題をちゃんとしていないから口実で言っているのはないか」と考えたりします。念のため病院へ連れていくと、たいていは「異常なし」と言われるので、親は、こんな口実でだまされたりしないぞ、と決心...

  •  0
  •  closed

夜間高等学校 不登校の過去

No image

専門学校の講師になってから2年目に、夜間の高等課程の専門科目の授業を任されるようになりました。そのクラスの中に2人気になる生徒がいました。2人と子とても静かで、質問などを全くせず、休憩の時間も、誰とも話さず、黙々と課題を進めていました。こちらから「何かわからないことないかな?」と質問しても、「大丈夫です」と下を向いて答えていました。毎回の授業、いつもそのような感じでした。とても気になり、担任の先生に...

  •  0
  •  closed