FC2ブログ

子供に笑顔を見せる



これはボディランゲージで表せる

「承認(アクノリッジ)」です。



子供が居間に現れた時、

親がしかめっ面をして迎えれば

「何か怒られることがあるのかも」

「何かをやって親を不機嫌にさせたかも」と

思われてしまいます。



たとえそうであったとしても、

ちょっと笑顔を見せることだけで、

子供は「承認されている」

「愛されている」と感じ安心します。



何か子供に注意しなければならないことがあっても、

子供がその前に笑顔で承認されれば、

安心感から素直に聞き入れてもらえるでしょう。



私は子供たちからよく「お父さんは黙っていると、

怒ってるみたいだよ」といわれるので、

意識的に笑顔をつくるようにしています。



働くお母さんたちは本当に大変だと思います。

そんなお母さんが笑顔になれる方法、

子どもにしているように、自分も褒められることです。

早帰りすることなく、みんなと一緒に仕事ができる。

仕事も充実している。



ドラマで時々見かけますが、

子どものお迎えのために、

早く会社を出なくてはならず、

それを納得しているにもかかわらず、

どうしても心がざわざわしてしまう、

そんな感情になってしまうことがあります。

いろいろと策を講じて、仕事で充実して、

たくさんの笑顔を持つと

自分でも気持ちがよく、

子どもも気持ちがいいものです。




・子供と一緒にアクティビティをする

子供のために時間を割くこと自体が子供への承認です。

たとえ興味がなくても、子供が楽しんでいるゲームや番組、

音楽などを一緒に聞いてみましょう。




誰でも好きなことをしている時は

気持ちがオープンになって

打ち解けていますので、

一緒に遊びながらの

会話はコーチングに最適ですし、

子供が何に興味を

持っているのか、

何を楽しんでいるのかを知る機会になります。



毎日なくても、時間に余裕があるときは、

一緒にゲームなどをやって、

たくさんの話をして、

笑って過ごす時間はとても大切です。

そんな時は、少しくらい寝るのが遅くなっても

お構いなしに楽しんでいます。




我が家は、共働きで、夕ご飯はほとんどが8時すぎ。

ご飯を食べて、片付けをすると、もう寝る時間。

でも、たまに早く仕事が終わり、6時半ころから食事、

片付けが終わっても8時くらいの時は、

食事の用意の前に、


子供の方から「今日ゲームしよう」と

言ってきてくれます。

時には「今日はお弁当にして、

食べながらゲームしよう」ということをしています。

うちでやるゲームは、定番人生ゲーム、モノポリー、アルゴリズム

ドラえもんの日本一周、世界一周

笑いもたくさんで、とてもいい時間を過ごせます。

他にも嵐のコンサートのビデオを見るなど

共通の趣味で盛り上げっています。



まずは親が笑顔でいることの「状態」を作ることです。

働いているお母さんにとっては、

やはり、仕事時間のあり方ですよね。




Comments

Post A Comment