FC2ブログ

学童クラブの子どもの元気

区内の学童クラブで支援員をしていた頃、
授業終了のチャイムが鳴ると、1年生からプレイルームにやってきます。
まだ慣れていない様子で、こちらの話をよく聞いてくれます。

次に2年生3年生の子ども達が一斉にやってきます。
慣れたもので、出欠カードをどんどん出していきます。
個人の確認が取れないほどの素早さで。
「はいはい、順番順番」
「はい、○○君やりなおし~」
「押さない、押さない」
「わすれたの?この用紙にかいて提出して」
「はい次」
もう生徒の勢いに頭の中が混乱状態。

とにかく元気。
ものすごく元気。
やっとカードの整理が終わったと思ったら、
今度は高学年のお出まし。

これがまたものすごい勢いの元気。
出席カードをぼんぼん出していく。
その対応に大わらわ。
いやいや、本当に有り余る元気。
出席予定の子どもが来ていないと、
下駄箱チェック、教室チェック、
それでもいない時には、
保護者への電話。
これまた大変。

受付が終わると、カバンを自分のロッカーに入れ、
まずは、今日の宿題をやってしまいます。
みんな早く遊びたいので、必死です。

その後は、学年別のカリキュラムがあって、
それに参加する子は(ほとんどの子ども)、
またもや整列。おしゃべりが止まらず、再び「はい、はい、はい並んで~」

集団の元気。
なかなか手ごわい。
ようやくきれいに並び終えて、ほかの教室にGO!
残った子どもたちは、教室の中での自由時間。
漫画を読む子、ゲームする子、お友達とおしゃべりする子。
本当に楽しそう。

そうこうしていると、カリキュラムを終えた子供たちが返ってきます。
今日のカリキュラムはおもちゃ作り。
紐を引くとビュンビュンと音を立てて回転するおもちゃ。
みんなが「先生見て見て」とたくさんの子どもが集まってきます。
何度も書きますが元気いっぱい。

そのあとは、全員でフリータイム。
総勢60~70名の子ども達。
その勢いはものすごい。

その勢いを分散するかの如く、
勉強会で他の教室に行く子供たち、
残る子ども達。

子ども達が一番楽しみにしているのが、
運動場での遊び。
砂山をつくる子ども、
サッカーをする子ども、
縄跳びをする子ども
バドミントンをする子ども、
遊びもいろいろ。

何がいいって、子どもの元気をもらえること。
でもすべてが終わるとへたへた。
いやはや、子どもの元気はものすごい。
この一言に尽きます。

0 Comments

Leave a comment