FC2ブログ

不登校、ひきこもり、悩むポイントは一人ひとり全く違う。

子ども達は様々なことに悩んでいます。

周囲が思いもかけないことに苦しんでいる場合もあります。

一人ひとりの声にじっくりと耳を傾けるでみましょうね。


悩み事にえをつのらせて、

人に会うことや学校に通うことをいやがっていると、

不登校がっていると不登校たひきこもりに発展していくことがあります。

悩みに早く気づき話を聴いてあげることが

事態の悪化を防げます。


しかし、子どもはなかなか学校に行かない理由を話したがりません。

普段から親子のコミュニケーションを図っていれば、

言いやすい環境になるかもしれません。


悩みの具体例としては、

家族、教師への反発。

人生への迷い。

進路への迷い。

成長の不安。

人間関係。

時には「わからない」場合もあります。


焦らずに、ゆっくりと話を少しずつでもいいので、

聴いてみましょう。

直接的に聞くと嫌がる場合もあるので、

「最近○○はどうよ?」と軽く聞くのがいいと思っています。

それでも、言わないときもありますけれど、

焦らずに、話してくれるのを待ちましょう。

親が関心を持っている、ということを分かってもらえるだけでも、

子どもは助かると思います。

ホームページはこちらです

親子のコミュニケーションはこちらです

「つらい」と言えないときのカウンセリングはこちらです

Comments

Post A Comment