FC2ブログ

学習困難の原因 内的要因と外的要因

学習の困難さが何から生じているのかを考える際に、

その困難さが一時的なものか、持続的なものかといった

視点を持つことが必要であると思われます。


一時的な問題として、学習の困難さを示す場合には、

環境的な要因が大きく関わっていることが推測されます。

例えば、「特定の領域の指導方法や教材がわかりにくかった」

「子どもにとって興味が湧きにくく、取り組みがが悪かった」

「学習以外で何か気になることがあり、授業に集中できなかった」等々

yjimage12.jpg


こうした一時的な要因であれば、それらを解消することで、

また学習が保証されることにもなるでしょう。


しかし、LDやADHD、高機能自閉症スペクトラムのある子ども達の場合、

学習の困難さは持続的に表れると言えます。

そこで、どういったこと原因で、

このような持続的な学習困難をもちうるのか、

学習困難について考えてみます。


LDやADHD、高機能自閉症スペクトラムのある子ども達は、

学力全般ににおいてつまずきを見せるというよりは、

個人の中でその能力にアンバランスを見せる場合が少なくありません。


「聞いて理解するのは得意でも、読んで理解するのは苦手」であったり、

「計算は得意でも、図形問題は苦手」といったように、

同じ算数・数学の中でも、領域や課題によって、

得意・不得意が分かれたりします。


これらの背景の一つには、本人に内在する認知能力の、

本人に内在する認知力のアンバランスが影響していると考えられます。

次回は学習と認知との関係について見ていきます。

ホームページはこちらです

親子コミュニケーションはこちら

「つらい」お話をお聞きします



0 Comments

Leave a comment