FC2ブログ

僕は勉強楽しむ。お母さんはお仕事楽しんで!

「小学校1年生の壁」と言われますが、本当にそうですね。

我が家、自宅、自営業の共働きなので、

その壁はあまり高くなかったです。

でも、それが勤め人だったら、

大変だろうなぁ、とつくずく思います。



学童保育はありますけど、

6時くらいに終わってしまいますから、

定時まで仕事するのが大変です。

途中で、「お先に失礼します。」はなかなかきついですよね。



その場合、お迎えはおそらくお母さんとなるのでしょうね。

お父さんを責めているのではないですよ。

社会的にそう思われている、

あるいは夫婦の間で暗黙の了解がある。



話し合って決まっている場合でも、

途中で仕事を切り上げるほうは、つらい。


かといって、子ども一人にお留守番はちょっと。

我が夫婦は土日に仕事が入ることが多く、

土曜日は、近くの児童館に行ってもらって、

迎えに行くと、いつも我が子2人だけ。

「申し訳ない」という気持ちがいっぱい。


何とかならないか。

子どもが楽しく過ごせて、何かを身に着けることができて、

お母さん(勝手に決めてしまっています。すみません)は、

定時まではいることができる。

会社が近ければ、定時過ぎまでいることができる。

9時くらいまで延長できるなら、

かなり、仕事としては十分納得できる。


そんな「僕は勉強楽しむ。お母さんはお仕事楽しんで!」ができないものか。

子どもができてからですから、そう考えて久しいです。



民間ではそういうところがありますが、

金額がかかります。

定時前に帰ることと、お金がかかること、

なかなか比べられないけれど・・・


私は、以前デザイン事務所に勤めていまして、

女性も男性も関係なく、

想いの届くところまで仕事をしていました。



そういうことで、女性の仕事に関して

気になるところがたくさんがあります。

「よし、OK!」まで仕事をして、

安心して子供を迎えに行く。


子どもは「楽しかったよ。○○が面白かったよ。

お母さんは楽しかった?お仕事」

なんて会話ができると、とてもいいと思っています。



自分の子ども達がそういう環境で育ったので、

(そういう環境で育ててしまった・・・)

結構、小さいころから、

親子でいい距離をとって、

親子でいいコミュニケーションをとれていたと思います。



そんな子供たちの居場所をつくりたいと思っています。

仕事への想いか、お金か、人それぞれだと思いますが、

仕事への想い、充実感を感じたいお母さん。

(また勝手に決めてしまいました。

これからは女性を対象にしたいので、

お母さん中心になってしまうと思います。

決してお父さんが、子育てを

お母さん任せにしているということではありませんので)



「僕、楽しかった」

「お母さんも楽しかったよ」

これをかたちにしたいと思っています。

近いうちに。

できるように頑張ろう。

yjimage26.jpg


親子で楽しくいくように。

親子コミュニケーションもスムーズにいくように。

そんなことを思っています。









Comments

Post A Comment